ぶーの助のマイホームへの道

ぶーの助のマイホームへの道

夫婦2人でのマイホームを検討し始めた、40代サラリーマンの日記です。知識ゼロからのスタートです!

東尋坊を訪ねました。そして揚げを食べました!

こんにちは!ぶーの助です。

ご訪問ありがとうございます。

 

昨年末のことになりますが、ぶー家のある1日。

 

ぶーの助『今年も終わるね〜。今年は家を建てたのがビッグニュースのはずなんだけど、事故の記憶が鮮明すぎて、そっちのが記憶にのこっちゃったなー』

 

しゅわこ『まあ、そうだよね。経験者がそうじゃ無いかで考えたらもう経験者ですからね。これから一生経験者!』

 

ぶーの助『なかなか変化のあった1年やったねー。けっこう色々動いたし、のんびり温泉旅館でもいきたいけど、またまたコロナさん流行ってきてるしねぇ』

 

しゅわ子『でも、どこかに行きたい!泊まりは無理でも日帰りでも良いからどこかに行きたい!』

 

 

そんな会話が繰り広げられ、出てきた候補地が

 

東尋坊

 

しゅわ子『行ったこと無いから。福井だったら魚も美味しそうだから海鮮丼とか食べても良いしー』

 

ぶー家からだとちょうど日帰りで行ってこれそうです。あえて冬に東尋坊を見に行くというのも悪く無いかも知れません。

 

と、いうわけで年末に東尋坊に行ってきました。

 

途中、突堤に寄ってみたかったですが、なかなかの荒波!とんびも寒そうでした。

f:id:boonosuke:20230122172412j:image
f:id:boonosuke:20230122172408j:image

 

そんな中、東尋坊に到着。

 

ざっぱ〜ん!

 

f:id:boonosuke:20230118182905j:image

 

 

なかなかの風です!

 

ビュー

 

ビュービュー

 

 

どひぃ、寒い❗️

 

 

ってことで5分で退散してきてしまいました!

 

 

せっかく時間をかけて行ったのに5分??と思いましたが、妻的には行ったことが無いところに行ったという事で満足だと。

 

そしてもう一つすぐに退散した理由は、駐車場。

 

東尋坊近くに到着すると、信号待ちの先に駐車場はこちら!という看板が出てくるのですが、2本ある道のうちどちらにもその看板があります。どうしようか迷いましたが、よりポップな看板の方に進みました。一休さんみたいなのが書いてあった気がします。

 

 

 

ぶーの助『こっちであってるのかな?』

しゅわ子『まあ間違ってたら引き返せばよいよ』

 

と話していたのですが、その道を進んでいくと行き止まりが駐車場になっており、大きく

『Uターン不可』

 

と書かれています!そう、完全に観光客狙いのいやーーーナ有料駐車場だったのです。

その名も 『東尋坊タワー駐車場 500円!』

f:id:boonosuke:20230122172507j:image

しかも見張り役?のおじさんが速攻出てきて遠くから誘導してきます。

 

東尋坊タワーには用事無いので、『東尋坊の駐車場ですか?』と尋ねると、

 

オジサン『うしろ来ているから早く中にはいってーーー。500えん!!』

 

と言ってきました。

 

 

仕方なく払うことにしましたが、騙された感満載です。詐欺に近いな、と。

後から調べたところ、もう一本の道にある市営駐車場も500円かかったみたいなので、結果としては一緒なのですが、非常に気分が悪かったです。

ちなみに同じ場所に止まっていた車はほぼぶー家のように県外ナンバーでした😢

 

そんなこともあって、ぶー家では東尋坊は非常に嫌な場所としてインプットされてしまい、早々と退散した次第です('ω')

 

ちなみのこちらの東尋坊たわー、悔しいので一応中に入ってみましたがびっくりするくらいボロボロでした。タワーに続く階段は全て雨漏り除けのバケツが置いてありました...........トイレも言わずもがな.............

 

悔しいので最後に駐車場受付の写真をこっそり撮りました。

f:id:boonosuke:20230122172559j:image

 

 

 

と、しかしこのままではせっかくの福井旅が嫌な思い出になってしまうので、美味しいものを食べて楽しい思い出に変えるべくランチを検索します!

候補は、

・地元回転ずし

・地元焼き魚屋さん

になりましたが、明らかに地元の人が行きそうな商店街の中にある、焼き魚屋さんの方を選択!

その名も、炭魚 ほんだ

 

ちょっぴり贅沢して、むつの照り焼きなんかを頼んでしまおうかなーと妄想しつつお店に到着!

 

ぶーの助『たのもーー!むつの照り焼きください!!』

 

 

 

ランチは年末で昨日まででした...............................( ;∀;)

 

 

ぶーの助『ぐぬぬぬぬ。どうしようか。。。。』

しゅわ子『帰り道にどこかで蕎麦でも食べて帰ろう』

 

と意気消沈して帰路につきましたが途中で何やら 揚げ?のお店の看板が出てきました。妻が知っていたようで、せっかくだから寄ってみることに。

 

f:id:boonosuke:20230122173043j:image

 

結果、美味しかったのです。そばが。

お揚げも美味しかったですが、正直なところなかなかのお値段でしたのでリピートは?。

しかし旅の思い出としては良かったかなー、と妻と話していよいよ本当に帰路へ。

 

途中道の駅で福井県民青春の味という、ローヤルさわやかなる炭酸水をゲットし、がぶ飲みしながら山越えです。

f:id:boonosuke:20230122173151j:image

またまた途中、なかなかの大雪に見舞われましたが無事に山越え完了し、

 

更に途中、アクセサリー屋さんでなぜかキーホルダーを購入し、今回の旅が完了です!

f:id:boonosuke:20230122173551j:image

 

なんともまあ目的や内容が曖昧な旅でしたが、『年末にどこかに行きたい!』という妻の要望はかなえられたかな、と思う1日でした。

 

東尋坊に行くことはもう無いと思いますが、その先にある雄島には釣りで訪れることもあるでしょう(`・ω・´)ゞぶ。

ウッドフェンスDIY⑧-東側基礎ブロック9個埋め込み完了

こんにちは、ぶーの助です!

ご訪問有難う御座います。

 

今さらですが、

明けましておめでとうございます!

 

 

前回の作業後、ぶーハウスにも初めての雪が降りました!なかなかの雪化粧でしたが、雪が無くなるのを待って続きの作業を行いましたので、報告します。

f:id:boonosuke:20230115115942j:image

f:id:boonosuke:20230115115955j:image

 

2022年大晦日

ぶーの助『いやー、数日前はなかなかの雪でしたねー。年末まで残るかと思ったけど、意外にもすぐに溶けたねー。2022年も終わりだねー。でもウッドフェンス作業は終わらないだにねー。少しだけすすめますかねー』

 

と、いうことで敢えて大晦日、正月に作業を行ってみました。

現在、土地東側境界のウッドフェンスに取り掛かっていますが、ここには9個のフェンス用基礎ブロックを埋める必要があります。そして前回までで、9個の穴掘りと、そのうち2個のモルタル根巻きまでは完了しています。そこで今回は、

 

・残り7個の基礎ブロックの水平、位置出し

・それぞれのモルタル根巻き

・ブロック周辺の土戻し

・防草シート・砂利の設置

 

まで行いました。

 

 

コンコン

 

コンコンコン

 

トントン

 

地道な作業を続け、各ブロックの水平出しを行います。この作業が一番めんどくさいかもしれませんね。

f:id:boonosuke:20230115120048j:image

 

そんな修行タイムを経て、各ブロックの位置決めが完了したので続いてモルタル投入!

f:id:boonosuke:20230115120100j:image

今回は2回目なので、前回よりも多少スムーズにいきましたが、やはり水を投入した後は重い!

 

掘った穴の2/3くらいまでモルタルで埋めまして、大晦日の作業を完了。防草シートやビニール袋で養生して年越しです(笑)

 

 

翌日元旦

ぶーの助『あけましておめでとうございます!本日も外構フェンス作業に入ります!!』

 

しゅわ子『え?いや、今日実家に行く予定だし。』

 

ぶーの助『あ、そうか。そだったねぇ。。。うーーん、明日はアタクシの実家に行く予定だし、出かける前にやってしまおうかなー』

 

と、いうわけで朝の7時くらいから張り切っていましたが見てみたところ、昨日投入のモルタルがまだ固まっておらず。冬場は寒いので固まるのに時間がかかるようです。

 

ぶーの助『まだモルタルさんが固まってなかったわ。どうしようかなー』

しゅわ子『昼ごはんと夕ごはんのあいだにやったらダメなの?』

 

ぶーの助『....................................。』

 

そうでした、妻の実家はぶーハウスから徒歩3分でした( ̄▽ ̄;)

 

というわけで、近所で評判の豆大福を買って、妻実家で昼飯食って、昼寝をして作業開始です!

 

まずはモルタルが固まっているかの確認。ふむふむ。

 

しっかりと固まっています。冬場で中まで完全硬化はしていないかもですが、この日の作業は土埋め、砂利のせまでで、まだ支柱は埋め込まないので大丈夫でしょう。

 

ということでせっせと土を戻していきます。掘り起こした際に出た石も巨大石以外は一緒に埋め戻していきます。

f:id:boonosuke:20230115120218j:image

その後、足と自家製ダンパーで踏み固め、防草シートをかぶせます。

f:id:boonosuke:20230115120233j:image

 

最後に砂利を投入して完成です!!

f:id:boonosuke:20230115120249j:image

f:id:boonosuke:20230115120257j:image

なかなか思ったよりもきれいに仕上がってきたかな?と思います。

 

 

試しに支柱をさしてみてイメージトレーニングです。あまり道から近いと車の出し入れの際に邪魔かと思いましたが、ちょうどよい距離感ぽいです。

f:id:boonosuke:20230115120318j:image

f:id:boonosuke:20230115120326j:image

イメージはこんな感じかな、と。

f:id:boonosuke:20230115120339j:image

 

次回は、

・東側支柱固定→東側横板張り

・南側基礎ブロック穴掘り

 

のどちらにするかで悩んでいます。穴掘りのほうが重労働なのでそちらから終わらせるかなー。

 

 

 

 

ウッドフェンスDIY⑦-はじめてのモルタルー

こんにちは、ぶーの助です。

ご訪問有難う御座います。

 

さて、ウッドフェンスづくりですがすこーしずつ進んでいます。

前回、独立基礎用の穴を1.5個まで掘ったところまで報告しましたが、ようやく

東側面の9個の穴掘り→モルタル根巻き(2か所)

まで進みましたので、報告します。

 

穴掘りですが、皆さんのブログにあるようにかなり大変でした。わがぶーハウスもぼこぼこ大きな石が出てきます。

f:id:boonosuke:20221226231329j:image

ぶーの助『やっぱり石が出てきてなかなか進まんわ( ;∀;)。スコップ使ってると、かちーん、かちーんってもうこれは修行やな』

 

なかなかしんどいので、ネットで何か秘密兵器的なものが無いか調べていきます。すると。

 

つるはし

 

これがあるとかなり効率が上がるとの報告が!。つるはしと聞くと大きいものを想像していたのですが、何やら片手用のものがあるとか。さっそく近所のホームセンターさんにて購入してきました。

f:id:boonosuke:20221226231346j:image

使ってみると、なるほど、大きめの石が出てきたときにてこの原理で位置をずらして取り出しやすいですね。まあでも基本は修行テイストですね。

 

 

 

途中、隣の基礎ブロック用かと思われますが、砕石で固められた部分も出てきます。ここよりも深く掘らなければいけないのでここも突破して穴掘りを進めていきます。

f:id:boonosuke:20221226231417j:image

 

毎日の帰宅後と休みの日を使って少しづつ掘ります。

 

こんこんコン

 

こつんコツン

 

カツカツカツ

 

 

数日後、ようやく9個の穴が完成しました。

 

 

何やら土器の残骸のようなものが出てきたり、巨大石が出てきたりしましたが何とか堀り堀り完了です。やったー(・∀・)

f:id:boonosuke:20221226231514j:image

南側の16個が控えていますが、それはちょっと現実逃避してみて、基礎ブロックを穴に設置してみます。

 

ばばーーん

f:id:boonosuke:20221226231445j:image

 

ほほぅ。細かい水平の調整は必要そうですが、とりあえずイメージ出来てきましたね。

 

 

ぶーの助『とりあえず東側だけは穴掘り完了したわ!いよいよここからモルタルに挑戦ダニよ!』

 

しゅわ子『物置のアンカーも固定するの?』

 

 

おっと、そうでした。物置のアンカーもやらないといけません。よーし、一緒にやってしまうぞー!

 

と息巻いてYOUTUBEを拝見。ふふふ、モルタル初心者です(;´∀`)

 

さて、いろいろ見てみると、

セメント2:砂6:水1の割合とのこと。注意点としては、水を入れる前のカラモルの状態のときによく混ぜることが重要とのこと。そして、水を入れると固まってくるので、ある程度スムーズに工程を行う必要があるとのことです。

 

 

さてセメントと砂をまぜまぜします。

 

まずはセメントを

 

ばさーーっと。

 

 

そのあと砂を

 

ばさーーーっと。

 

 

セメントが灰色で砂が茶色ですが、まぜていくと全体的に濃い灰色になっていきます。セメントが接着剤の役割のようなので、満遍なく混ぜていきます。

f:id:boonosuke:20221226231721j:image

ぶーの助『うーむ。なんか色もユーチューブで見たものと近いし、たぶんこれがカラモルだにね。続いてはこいつを使ってブロックの高さ、水平調整だにネ!』

 

 

とんとん。

 

トントントン。

 

ゴリゴリ

 

ガリガリ

 

とんとんトントンとん。

 

 

 

けっこうイライラする作業でしたが、ようやくブロック二つ分の高さ調整、水平が完了。

 

・独立基礎ブロックの上端を基礎ブロックの上端から60㎜に設置。

・独立基礎それぞれの水平と、2つの独立基礎の水平を調整。

 

 

ぶーの助『ようやくここまできたダニね。いよいよモルタル投入ダニ』

 

今度はカラモルに水を加えてモルタルを作ります。先ほどのカラモルは使い切ったので、新たにカラモルを作ってそこに水を投入!

 

すると、ここで問題発生。

 

 

水を入れた瞬間からクソ重いです( ̄▽ ̄;)

 

 

ほー。先人の諸先輩方が体力勝負と言っていたのはこのことか(;´・ω・)

 

 

ぬぉーーー、と思いながら練り練りしてモルタルが完成しましたので、流し込みます。

 

 

ぺたっ。

 

べちゃっっ。

 

あっているか不明ですが、何となくそれっぽいです(^-^)

 

んーー、たぶん大丈夫でしょう。

f:id:boonosuke:20221226231820j:image
f:id:boonosuke:20221226231828j:image

 

 

最後に片づけをし、冬の寒い時期は養生したほうが良いとのことでしたので、防草シートをかぶせて乾燥待ちとしました(`・ω・´)ゞ

 

ぶ。

 

ウッドフェンスDIY⑥ウッドフェンス独立基礎の穴を1.5個掘ってみました。

こんにちは、ぶーの助です。

ご訪問有難う御座います。

 

いきなり寒くなってきましたが、なぜかそのタイミングでウッドフェンス作業を再開したぶーの助です。

 

ウッドフェンスを立てるにあたり、資材準備までは2か月前(事故前?)に完了しております。いよいよ(やっと?)作業に入っていきたいと。

 

色々な方のブログを拝見する限り、けっこう時間がかかるっぽいです。

従いましてぶーブログでもいつ完成するか、わかりません!

 ので、 

長い目で見てやってくださいm(__)m。

 

 

ぶーの助『そろそろウッドフェンス作業に取り掛かろうかなーっと』

しゅわ子『そうね、もう寒くなるから早めに終わらせないとね』

ぶーの助『いや、それが、他の方のブログやYouTube見る限り、素人がぽちっとできる雰囲気ではないっぽいのYO。時間をかけてゆっくりやらないと途中で心が折れそうな予感が』

しゅわ子『ふーん。じゃあ任せるわ』

ぶーの助『毎日少しづつスコップで掘るダニよ』

 

さて、ウッドフェンス作成に当たりやる事を整理します。

 

①基礎ブロックの穴掘り

②基礎ブロックの設置

③支柱設置

④横板設置

※今回はハードウッドなので、塗装は無しで行きます。

 

 

なんだ、たった4段階じゃないか(笑)

 

改めて手順を整理してちょっぴり勇気が出てきたぶーの助です。おそらくですが①の穴掘りが一番時間も手間もかかるのでしょう。

 

取りあえずは東面から取り掛かります。

f:id:boonosuke:20221204124208j:image

支柱をたてる予定の場所に鉛筆で印をつけて、イメージを掴み

f:id:boonosuke:20221204124218j:image

防草シートをめくります。

f:id:boonosuke:20221204124227j:image

 

ぶーの助『では穴掘りから開始していくわ!』

しゅわ子『何個くらい掘るの?』

ぶーの助『支柱が25本ということは、25個やね。。。』

しゅわ子『結構ハードだねー。石とか無ければよいけど。。。』

 

さて、スコップ片手に掘ってみます。場所はもともと境界ブロックを設置した場所沿いなので、新築の際に一度掘り起こしてあるはずなので掘り起こしやすいかな?

 

と思っていたのですが、

 

カチーーーン

 

ガチッ

 

ガチーン

 

 

やっぱり石さんが結構いらっしゃいます。

f:id:boonosuke:20221204124245j:image

しかし、剣先スコップで強引に進めていきます。途中堅い部分がありましたが、どうもそれは境界ブロックを埋めた際の基礎コンクリの下の砕石っぽいです。そこまでは250㎜くらいなのですが、今回は400㎜くらいの深さまで掘る予定なので、ここも突破していきます。

 

取りあえず1か所掘りまして、試しに基礎ブロックを置いてみます。

f:id:boonosuke:20221204124319j:image

境界ブロックにぴったりくっつけようとしてみましたが、境界ブロックにもやっぱり基礎があり、この基礎がブロックより90㎜ばかし出っ張っています。幸いこの基礎部分もしっかり施工してくれているのか割とまっすぐでしたので、この基礎部分にぴったりくっつけてみました。

f:id:boonosuke:20221204124336j:image

f:id:boonosuke:20221204124345j:image

 

 

おお、なんかよさげ(^-^)

 

 

この基礎部分から上に100㎜くらい土が乗っている状態なので、基礎の部分から300㎜掘り下げてみることにしました。

 

・基礎部分から下 300㎜

・基礎部分から上 100㎜

 

で合計400㎜土の中に埋まり、50㎜は地上に出る形となります。(基礎ブロックの高さが450㎜)

地上に出ている部分が無いと、支柱の木が雨に濡れて腐りやすいとのことでしたので50㎜地上にひょっこり出ています。最終的にはそのうち30㎜くらいは砂利で埋まると思いますが。

 

取りあえずイメージはできました。あとはこれを複数個水平を保ちながら設置するという難題がありましたが、

 

ぶーの助『基礎ブロックのひとつひとつを水平を保って並べるのが大変そうだねー』

しゅわ子『境界ブロックを基準にしたら?』

ぶーの助『それ採用!』

 

今回のウッドフェンスは隣家との目隠し目的なので、当然境界付近に建てます。

そしてその境界付近には、調整区域だからというお上のお達しで、なかなかの金額を使った最低限のブロック境界があります。おそるおそる水平を測ってみると.......

 

ぶーの助『全部見事に水平!職人さんすげーー』

 

ぶー土地の東側と南側の合計30mほどの境界ブロックは全て水平でした(・∀・)!

これは!ということで、境界ブロックの天面から同じ高さで揃えていけば水平が保てることになります。

というわけで、けっこう作業が楽になりそうな予感です。(本当はブロックと同じ高さにすればもっと楽なのですが、さすがにそれだと基礎ブロックが地上に出すぎて不安定なので断念)

 

少し作業が楽になりそうなのに気を良くして、どしどし進めていくぞーー!!

と思ったのですが、冒頭に申し上げた通り、本日から激寒。

 

そろそろスタッドレス履いとかないかんかぁ...............

 

 

というわけで、急遽アウトバックとイグニスのタイヤ交換を実施し、空気圧測りにガソスタ等に行っていたら暗くなり。。。

f:id:boonosuke:20221204124439j:image

1.5個まで穴掘りがすすみました!!ぶ

 

 

f:id:boonosuke:20221204151430j:image

 

 

NEW相棒ぶーバック登場!レガシィ・アウトバック

こんにちは、ぶーの助です。

ご訪問有難う御座います。

 

とうとうNEW相棒が登場しました!彼の名は、レガシィアウトバック

ぶー家に新しい仲間として登場です(^-^)

ぶー家は夫婦2人だけなので、車でも新しい家族が増えた気分でうれしいです。

 

見た目は堂々としており、なかなかのおっさん感がありますが好感が持てます。

 

ぶーの助はあまり車に詳しいほうでは無いので細かいことはわかりませんが、なかなか良い乗り心地だな~、と。前回の車も今回の車も中古車なのですが、初年度登録に7年の違いがありますので、7年分の進化を感じます。

 

☆よかった点

・エンジン静か。

前車MURANOさんは18万キロ超えでしたので、さすがに今回のものは9万キロ超えですが比較すると静か(^-^)

・アイサイト素晴らしい。

ぶーバックはアイサイト3なので最新では無いですが、それでも素晴らしい性能です。特にACC(アクティブクルーズコントロール)は本当に楽です。また、自動ブレーキが素晴らしいですね。

・TV綺麗

前車のナビは地デジ対応前の車でしたので、外部入力で地デジとなっておりアンテナが2本で画像が汚かったです。今回はアンテナ4本で超綺麗!

・サイズダウンで運転少し楽

今回はちょっぴりサイズが小さくなりました。それでもそこそこのサイズなんですが、

全長4845㎜→4815㎜

全幅1890㎜→1840㎜

特に全幅が小さくなったので運転が楽になりました。探すときは大きいサイズを探していましたが、少し小さくなって結果的には良かったかもしれません。MURANOさんの横幅がデカすぎた、という説もありますが。。。

 

と、ここまでは良い点で悪い点は無い!!と言いたいところですが、やっぱり残念ポイントはありました(´;ω;`)

☆残念ポイント

・ナビが頭悪すぎ

噂には聞いていましたが、道案内が糞レベルです。自宅に帰るのにまっすぐ500mのところを3回くらい迂回させようとしてきます。パナソニックだからと油断していましたが、文字通り使えないレベルです。到着予想時刻もコロコロ変わりすぎて全く役に立ちません。この点は前車MURANOさんのナビは優秀でした。純正の備え付けナビでしたが、到着予想時刻に関してはほぼ正確。そして道に関しては修正能力が高かったです。

・アイポイントが通常SUVよりは低い

最低地上高は200㎜ありますが、一般的なSUVに比べるとアイポイントがやはり低いです。その分横揺れが少なく安定するので、良い点でもあるのかもしれません。

・ステアリングスイッチの操作性

これに関しては、ハンズフリー電話をステアリングスイッチだけで完結できなかったり、ナビの操作をステアリングだけでこなせる範囲が少ないかなーと。もう少しナビ自体に触らずに操作できると良かったんですが。ただ、色々調べると、そもそもそういう面をスバルに求めてはいけないとの書き込み多く、納得することにしました。

・シートの座面が小さい

前車ムラーノさんのシートが大きかったのもありますが、シートの座面の縦方向の長さがちょっと短いかなー、と感じます。これも慣れかとは思いますがまだ少し落ち着きません(;^ω^)

 

総じて、車の性能的には全く不満なく、大変気に入っております(^-^)インパネ系はもう少し使いやすいと良いかなー、と思うところです。

 

 

と、車の感想はそれくらいにして、早速、ドライブに行ってきました。ちょうど紅葉の季節なので紅葉ドライブへと出かけてきました。ぶぶぶー🚙

f:id:boonosuke:20221123182357j:image

f:id:boonosuke:20221123182409j:image

f:id:boonosuke:20221123182417j:image

そして、車が無くなってからなぜか急にしばらく行っていなかった釣りにも行きたい気分になったので、こちらもぶぶぶーっと言ってきました。釣れませんでしたが!

代わりに朝日がきれいでしたので、パシャリ。

f:id:boonosuke:20221123182435j:image 

f:id:boonosuke:20221123182445j:image

コロナ禍になってからほとんど行っていませんでしたが、釣り人が以前より増えていた気がします!やっぱりアウトドア系の趣味がここ数年人気なんですかね(*‘ω‘ *)

 

今回は(も?)釣れませんでしたが、懲りずにまた行きたいと思います。ま、ぶー家からは片道2時間超えなので、そんなに頻繁にはいけませんが(;'∀')

 

 

殉職されたMURANOさんのミニカー飾りました。ぶ

f:id:boonosuke:20221127090239j:image

物置き組み立てDIY-LMD2922-

こんにちは!

ぶーの助です。ご訪問有難う御座います。

 

さて、本日は物置の組み立てです!前日までにユーチューブ、ブログにて予習完了です。

ざっくりした流れは、

 

①設置場所の整地

②基礎ブロックの設置

③防草シート、砂利設置

④物置の組み立て

 

となります。説明書等見るとだいたい半日くらいとのこと。但しこれは②と④のみのパターンです。ぶー家の場合は1日見ておいたほうが良いかもしれません(`・ω・´)ゞ

 

では取り組みます!

 

まずは、資材の確認!

 

通販で物置を頼む場合、どのお店も

Ⅰ.日曜日の配送不可

Ⅱ.時間指定不可

Ⅲ.受取時は在宅必須

Ⅳ.トラック進入不可の場合、配送不可

 

との条件が付きます。なかなか厳しい条件ですが、Ⅲの部分は不在でも置いておける場所が事前にわかればOK、というお店を選びました。そうなると、Ⅰ、Ⅱの条件はまあOKになるので、残りのハードルはⅣ。販売ページには道幅3.5M以上と書かれていますが、ぶー家の前の道は3Mもありません。

 

が、

 

 

新築工事の時に現場監督が余裕で4tトラックはいれますよー、と言っていたので、注文後お店に付近の写真や、進入方向を示した図をメールで送っておきました。その結果

 

 

 

無事に配送されました(*^^*)

f:id:boonosuke:20221117060126j:image

f:id:boonosuke:20221117060137j:image

 

さて、無事に荷物も届いたところで、まずは整地。おきたい土地には再生砕石が敷き詰められていますので、まずはこちらを撤去。

次に草抜きを行って、ブロックを置いていきます。

f:id:boonosuke:20221117060213j:image

 

ブロックの場所は説明書に細かく書かれていますのでそちらに合わせます。かなり厳密に合わせましたが、その後作っていくとまあずれますね。なので多少アバウトでも良かったかなー、とあとから思いました。ただ、水平に関してはかなり厳密に行いました。

 

設置予定場所は手前部分が下がっている土地になるので、ブロックの下に路盤材を敷き詰め→固め→敷き詰め→固め、を繰り返し水平を出して行きました。

※今回、ネットで拝見して自作ダンパー作りました。

 

妻と2人で行いましたが、なぜかこの日は天気もピーカンで暑く、基礎ブロック配置までで終了してしまいました(;'∀')。続きは翌日。

半日作業を行いましたが、基礎の水平出しが思いのほか時間がかかりました。こっちの高さを出せばあっちの高さが狂う、というのを何度も繰り返しました。

 

さて翌日。この日は妻が仕事なので、ぶーの助一人での作業ですが、翌日が雨予報なので何としても本日仕上げなくてはなりません。

 

まずは昨日の基礎ブロック水平出しの最終確認を行い、防草シートの設置に入りますが、物置の一番下の四角い土台だけは組んでから作業に入りました。土台を組んでみないと基礎ブロックの位置が本決まりしませんから。

 

・四角い土台をくむ。

これは角の直角を意識してねじ止めしました。これはすぐ終わりました(^-^)

 

・防草シートの設置

これに関しては、土台、基礎ブロックがあるので、シートを切り抜いたりしながら対応しました。思った以上に面倒臭かったです。途中、どうせ物置の下だから防草シート無くても大丈夫だなー、とも思いましたが設置したら30年は動かさないと思うので、一応頑張りました。

f:id:boonosuke:20221117060308j:image

f:id:boonosuke:20221117060317j:image

 

・砂利の設置

これも土台があるので、中に砂利を放り込むのにかなり体力を奪われました。結構へとへとになりましたが何とか砂利の投入が完了。これにも結構時間を取られました。

f:id:boonosuke:20221117060331j:image

 

・床材の設置、床止めの設置

床材に関しては、端からするすると滑らして行けば、パコっと気持ちよくはまっていきます。土台の直角、水平が出ていないとここでスムーズにはまらないようですが、スムーズにはまり、ひと安心(^-^)

f:id:boonosuke:20221117060343j:image

f:id:boonosuke:20221117060403j:image

・四隅に柱を設置

続いて四隅に柱を設置していきます。これも場所を間違えずにねじ止めすればOK。

f:id:boonosuke:20221117060416j:image

・上部の四角い枠を設置

こちらは全面の柱が結構重く、一人だと少し大変ですが、説明書通りに少しずつ引っ掛けながらはめていきビス止め。ここまでくると全体の大きさが見えてきました。うん、なかなか良いサイズ(^-^)

f:id:boonosuke:20221117060432j:image

・間柱を設置

四隅の柱の間に間柱を入れていきます。こちらも入れる溝が決まっているのですんなり進みます。

f:id:boonosuke:20221117060440j:image

・屋根を設置

屋根は分割されていますが、向きや合わせ方が決まっているので、そのあたりに気を付けながらはめていきます。この辺りからやはり少しネジ穴がずれるところが出てきます。ドキドキ(@_@)

f:id:boonosuke:20221117060559j:image

と、ここのあたりで急に日が落ちてきます。一応屋根まではできたが...........

横はぱーぱーです(;'∀')。

 

作業続行です。

 

・もやの組付け

続いてもやの取付です。説明書を見てみると、『屋根の補強材の取付』と書かれています。ほー、屋根の補強ね、と思って説明書にある箱を見てみると、

 

ん?デカい?

 

間違いかなーと思い説明書見てみるとやっぱりこれのようです。

 

え、これなの。明らかに屋根の骨格より太い頑丈な柱が。そしておそらく全部材の中で圧倒的に重いです。えと...................

 

何度見てもこれのようなので、気合を入れて設置します。何とか上部に取付完了です(`・ω・´)ゞ ちなみにビスの量はまさに地獄です。電動機具無いともう修行かと思われます。

f:id:boonosuke:20221117060624j:image

f:id:boonosuke:20221117060639j:image

f:id:boonosuke:20221117060808j:image

と、ここで妻を迎えに行く時間となり、一時離席。その後、食事をとって今度は二人で再開です。夜間になってしまったので近所迷惑にならないよう極力音を出さないように作業します。ほんとは翌日にしたほうが良いのかもしれませんが、明日は雨ですし、ぶーの助も仕事です。

そして我が物置は横ぱーぱーです。やるしかないのです( ;∀;)

 

・横板を組み付ける。

これにてとうとう小屋っぽい感じになりました。時間も遅くなってしまったので、一旦ここまでの作業にして、翌朝、正面扉を付けることとしました。

 

翌朝

5時起きで正面扉を設置しました。とりあえずこれにて雨はしのげるようになったので、細かい調整や扉の取付は後日に。

f:id:boonosuke:20221117060823j:image

 

取手の取り付け、扉調整

次の休みに、取手を取り付けました。これははめ込んで内側からひねるだけなので一瞬で完了です!

続いて扉調整。はじめ鍵が閉まらず焦りましたが、扉調整でボルトを緩めてハメ直したところ

 

カチャン

 

鍵が無事にかかり、無事に完成です!

f:id:boonosuke:20221118174108j:image

 

整地からスタートしたので、ちょっと時間かかってしまいましたが、恐れていた扉のずれもなくひと安心です( ^ω^ )

 

説明書通りに進めていけば、わりと大きな問題なく完成しました。途中ちょいちょい道具の買い出しに行ったのですが、これに意外と時間をとられますね(`・ω・´)

 

ぶ。

 

物置購入!

こんにちは、ぶーの助です!

ご訪問有難う御座います。

 

中古車の納期が早まったようで、自転車+電車通勤がそろそろ終わりそうな雰囲気になってきました(^-^)

 

さて、本日はDIYのウッドフェンスを再開したいところだったのですが、またまた途中で追加作業が必要になってまいりました。それは

 

☆物置の購入

 

ぶーの助

『車の目途もついて落ち着いてきたから、そろそろ庭作業再開せなあかんね』

しゅわ子:妻

『せやな。でもそろそろ家の中も整理していきたいんだけど、庭作業の道具を室内に置いておきたくないんだけど』

 

ぶーハウスは一応土間収納がありまして、そこに棚を自作して整理しているのですが、現在はそこにスコップや砂利、木材なんかも混在しております。一応、そのように色々と物を置けるように作った土間収納ですが、すでに手狭に.......

 

ぶーの助

『まだ新築半年やけど、すでに手狭なのか。。。。』

しゅわ子

『いや、手狭ではないけど、スコップなどの庭道具は土がついてくるからもれなく土間収納が汚くなってくるよ。せっかくだからきれいなまま使いたい』

 

引越し依頼、細々とDIYをやっていたのですが、やはり徐々に荷物が増えてきました。そして確かに、

・自転車

・アウトドア用品

・洗車用品

・スコップ

・台車

・袋入りの土

・BBQ用品

・木材

が混在しており、通行困難な状況に。(;'∀')

ぶーハウスは一応土間収納側からもパントリー、キッチンにアクセスできる使用だったのですが、すでに黄色信号。

 

ぶーの助

『やっぱり物置必要かなー』

しゅわ子

『必要だね。着工前に見に行ったマツモト物置がおしゃれだったけど、どうかな?』

ぶーの助

『マツモト物置おしゃれだったね。色々見てみると、性能で考えるとやっぱり、イナバが良いらしいよ』

しゅわ子

『100人かぁ。やっぱり最強なのかな。実家もそうだし』

ぶーの助

『あとは、ヨド、タクボを合わせて3大メーカーらしい』

しゅわ子

『そかー。とりあえずホームセンターまた巡ってみないといかんね』

 

 

というわけで、近所のホームセンターをあらかた見てきました。時期的に現物処分品も少し残っており、そちらで検討を開始しました。マツモト物置はおしゃれだったのですが

・やっぱりちょっぴりお高い

・性能的に若干の不安

があり、イナバ、ヨド、タクボの中から選ぶことに。コストコも考えましたが、台風で吹っ飛んだ方のブログを拝見し、検討外に。

 

 

見ていくと、物置の場合、本体価格+標準組み立て費用 というのが一般的なようですが、現物処分品の場合、解体費が別途必要なようです。で、思ったよりこの解体費用がそこそこ必要でした。

 

例えばこちら。

f:id:boonosuke:20221115131314j:image

f:id:boonosuke:20221115131347j:image

 

本体価格は、322,000円の半額で161,150円になりますが、解体組み立てで46,000円ほどかかります。ブロックも合わせると、210,870円とそこそこの金額に。

 

少し冷静に考えてみます。

半額!とあるので、おとくはお得なんですが近くで見ると結構へこみや傷があります。屋外に置いておくものなので、どうせ傷つくと思うのですがどうも踏み切れません。また、現物は基本屋外に置いてあるので結構な確率で鳥のフンなどもあります。

 

ただ、新品で買った場合も標準組み立て費用というものはかかるので、解体費用もある程度は仕方ないかなー、とは思います。とりあえず新品の場合で考えてみることに。

 

新品がそもそいくらか調べていくと基本的に3割引きとのこと(@_@)

ということは先ほどのもので考えると、

322,000×0.7=225,400円ということに。これに標準組み立て費用約30,000円が必要となり、255,400円。差が4~5万円といったところ。

 

ぶーの助

『やっぱり現物のほうがちょっとお買い得感あるね』

しゅわ子

『そうだねー。だけど現物だからサイズとかもあるものしか選べないよね😢』

ぶーの助

『ま、それはそうだね。現物であるものをひたすらホムセン巡りで探すしかないね』

しゅわ子

『いってみよー』

 

と、いうことで近所のホームセンター10か所くらい回ったでしょうか。田舎なので近所と言っても車で1時間以内は近所とカウントしています(`・ω・´)ゞ

f:id:boonosuke:20221115131412j:image

f:id:boonosuke:20221115131424j:image

f:id:boonosuke:20221115131433j:image

結果、

 

しゅわ子

『これといったものがないね~。サイズがやっぱりピタッと来ない』

 

ぶーハウスで物置を設置したい場所と、中に入れたいものを検討した結果理想のサイズは、

横2900㎜、縦2200㎜

そこそこのサイズかと思われますが、色々調べてみると、

 

設置可能場所で可能な限り大きいものを!

 

とのご意見が多かったこともあり、大きめをチョイスしました。

 

 

さて、現物処分品では理想のものが見つからなかったので次の作戦に。

 

 

ぶーの助

『どうも理想のサイズの物置は現物では無いね(´;ω;`)。となると選択肢は2つ

・サイズを妥協するか

・新品注文か』

しゅわ子

『この先何十年も使うからサイズ妥協は避けたいね。何よりやっぱり足りません、追加ってのは避けたい。となると新品。またおかねかかるねぇ』

ぶーの助

『最終手段は、もう自分たちで組み立てるしかないか。。。』

しゅわ子

『でも物置は設置してもらったほうがよくない?大変そう』

ぶーの助

『でもさ、DIYでウッドフェンス作ります!!とか言って、木材を他県までレンタカー借りてまで張り切っているのに、物置は自分たちで組み立てないというのは。。。』

しゅわ子

『確かにそうだね。。。。物置って既製品だし。。。』

 

というわけで、自分たち組み立ても検討してみることに。ちなみに希望製品は、

 

ヨド物置のLMD2922

f:id:boonosuke:20221115131501j:image

 

にしました。(横2900、縦2200)。メーカーの決め手は、扉が吊り戸になっており、砂が噛みにくい構造だったことです。

 

ぶーの助

『ホームセンターは組み立てが必須みたい。自分で組み立ての場合は通販しかない模様。一応費用の比較をしてみたよ。通販もほぼ3割引きだけど、ひとつ激安のところ見つけたからそこで比較してみると、

ホームセンター

・本体価格397,100円×0.7=277,970+組立費38,500円=316,470円

通販

・本体価格250,173円(送料込み) 組み立て→自力!=250,173円

 

差額66,000円くらいあるね。ちなみに通販はペイペイカードで払うとポイントが10000ポイントくらいつくね』

 

しゅわ子

『よし!組み立て頑張りましょう!』

 

 

というわけで、通販で最安値と思われたヤフーショッピングにて購入。

 

 

次回は組み立て編です!

 

 

近所?のおしゃれカフェに行きました。ぶ

f:id:boonosuke:20221115131612j:image

f:id:boonosuke:20221115131618j:image

 

 

 

 

プライバシーポリシー